天然災難を通して自分がすべきことは何

 以前、熊本で前代未聞の大地震がありました。歴史的住居の破滅、多くの尊い人命が失われた場所、連日項目で映し出され、「あすは我が身」だと、改めて考えさせられました。十層近隣さっき、福岡でも地震があり、俺は現場にいた訳ではありませんが、大きなバイブレーションを感じました。その日は土曜日で、連日の消耗を癒そうと、自宅で朝風呂に入っていました。入浴してしばらくすると、ちょいバイブレーションを感じましたが、当時、2フロア建ての建物に住んでいたので、独特や歩みの立ち下りに映るバイブレーションだと思いました。体躯も程よく温まり、洗髪している時だ。大きなバイブレーションを捉え、しばし続きました。慌てて落とし、脱衣ところにて体躯をふき、TVを擦り込みた会社、福岡で地震が発生した意、どのチャンネルも速報で流していました。急いで衣料を着て、どうしたらいいものか考えました。瓦斯ま閉まって掛かる、水道も止めた、どこに避難したらいいのか、考えれば練り上げる近く分からなくなり、TVで調子を確かめ、最新のインフォメーションを得たうえで用事しようと思いました。凄まじくバイブレーションはしたものの、棚やたんすが壊れたりするような被害はなく、地震後は、今まで通り身辺をすることができました。当時の俺は、一人暮らしで一人暮らし。何かあったときの場所なんて、感覚もせず、他人事のように思っていました。しかし、地震先、一人暮らしが故の対処をとらなければと見なし、自宅で便所に混ざる時は、ドアを少しだけ開けて置き、通帳や判などといったものは、かさ張ることは承知で、始終持ち歩く、裏側の中には、身許認可と繋がるものを入れておく、ハンカチ・ティッシュ・ハンドタオルを2お日様取り分前後入れておく、絆創膏や常備薬を入れておく、などの考えつくことをひと通り行ない、何かが置きたら、そのバックを片手に逃げようと思いました。これくらいでは、なまやさしいと思われても振る舞いがありませんが、悪しからず。
 現在は結婚式をし、こどもの生命を守らなければならない境遇となりました。今でも、自宅で便所に混じる時は、ちょこっとドアを開け、一気に飛び出せるようにしています。裏側のパーツも未だにですが、こどもができた現時点、母子メモリーとお薬メモを追加して備えています。
 私たちは、当たり前悲劇に対して無力なのです。無力だからこそ、各自でできる用意が大切なのだと、改めて思いました。ひげ ミュゼ

サッカー日本代表が先日戦ったタイ戦の感想

先日、久しぶりにサッカーの日本代表戦を観戦しました。サッカーは、ドーハーの悲劇の時から、代表戦は、良く見ていて、今回は、アジア予選ということで、時間帯も良く、仕事もそこまで忙しくないので、早く帰宅して観戦することにしました。
前回のUAE戦では、残念な敗戦となりました。審判への不満も多く聞かれましたが、日本代表の決定力不足は、原因の一つです。
また、大抜擢された、大島選手は、経験不足を露呈し、二度の失点に絡む、苦いデビュー戦となりました。好きな選手だっただけに残念です。
タイ戦では、その大島選手は、ベンチ外となりました。岡崎選手と清武選手の代わりに、山口螢と浅野選手が入りました。
浅野選手は、五輪での鮮烈なデビュー以来好きな選手の一人です。
試合は、先制点を取った後になかなか、追加点が入れられず、いらいらする展開に。
何とか、浅野選手が2点目を入れ、2対0で勝利。買ったものの、あまり実力差は、見せられず、次回の試合に不安を残すかたちとなりました。カードローン 審査 コツ